晴れ女のわがままジャーニー(人生も旅も)

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

イタリア

イタリアひとり旅㉖【後半:トスカーナ編】いきなり冬がやって来て戸惑い、ゲームに負けてさらに戸惑う

おじさんち2日目は、イタリアに来て初めての雨となりました。前日までかんかん照りの夏真っ盛りみたいな陽気だったのに、気温もググーンと下がって肌寒い。 おじさんは朝が弱いらしく、起きてくるのが9時ぐらいなので、滞在中、私は8時に起きて勝手にガサガ…

イタリアひとり旅㉕【後半:トスカーナ編】無料で家に泊めてくれるイタリア人のおじさんの怪しいお屋敷に到着

こうして、ローマから後ろ向きのままフィレンツェの駅に到着。後ろ向きに進むのって気持ち悪いですが、これまで座っていた方向と反対側にも座れるので、まあ2度おいしい!?ということにしておきましょう。 さて、せっかくフィレンツェに来たのですが、最初…

イタリアひとり旅㉔【後半:トスカーナ編】フェラーリ特急「イタロ」のプリマクラスに乗ってフィレンツェへ

【南イタリア編】が思いのほか長くなってしまい、気づけばこの「イタリアひとり旅」も連番で㉔に相成りました。これでも、途中をかなり縮めたんですが・・・。 さて、今日からは後半編です。後半は気を引き締めて、もっと端折っていきたいと思います。 9月30…

イタリアひとり旅㉓【前半:南イタリア編(完)】フォトジェニックなポンペイ旧市街をぶらぶら

ベスビオ山を降りるには、来た時と同じバスに乗る必要があります。 ただ、バス停は例によってバス会社や行き先を明記した札などが一切なく、雑然としています。登山口のバス乗り場には行き先の違う大小様々なバスが次々と到着し、適当な場所に停車するので、…

イタリアひとり旅㉒【前半:南イタリア編】鬼のパンツを履いて見たベスビオ山頂からの絶景

ベスビオ山(ヴェスビオ山)の登山口に到着。 売店や小さなお食事処もここに集まっています。これを逃すと山頂付近までは何もありません。 バス降りたところ とはいえ、朝一番でお腹も空いておらず、素通りして出発。Andiamo! 私は登山はほぼしないので、山…

イタリアひとり旅㉑【前半:南イタリア編】履こう履こう鬼のパンツ♪の山に登ろう

"おにーのパンツは良いパンツ〜 強いぞー、強いぞー!!!" の歌は日本でも知っている人が多いですが、これ、元々は鬼と全く関係ないのをご存知だろうか? この歌は「フニクリ・フニクラ」といって、ベスビオ火山に昔あったフニコラーレのPRソングとして作ら…

イタリアひとり旅⑳【前半:南イタリア編】ポジターノ行きの船で友達ができた

ポジターノ行きの船では、最高の景色を求めて、大勢が船の一番上の席に集まっていました。しかも進行方向に向かって左側にアマルフィ海岸が見えるということもあり、みんな左側へ。正直、船が左に転覆するのではないかと不安にさえなりましたが、そういう自…

イタリアひとり旅⑲【前半:南イタリア編】お土産はリモンチェッロがオススメ

カプリ島の展望台で海を30分ほどぼーっと眺めた後、ふと我に帰りました。 十分癒されたし、海はお腹いっぱいになったので(飽きるの早っ)、港に降りようとフニコラーレ乗り場に歩いて戻りました。すると、なんということでしょう。 チケットブースが閉まっ…

イタリアひとり旅⑱【前半:南イタリア編】「帰れソレントへ」のソレントから船で麗しの海を渡りカプリ島へ

イタリアに来てから毎日乗っているベスビオ周遊鉄道は、南はソレントまで伸びています。初めてナポリと反対方面行きの電車に乗ってソレントにやってきました。 ソレントといえば日本人がすぐに思いつくのは「帰れソレントへ」という歌ではないでしょうか。学…

イタリアひとり旅⑰【前半:南イタリア編】ナポリの王宮で第一日本人発見!

実はこの日(4日目)、サンテルモ城の前に訪れた場所がもう一つありました。それがナポリの王宮です。前に訪れたカゼルタ宮に行くのはちょっと面倒だし時間もない!という場合は、このナポリの王宮が行きやすくて見応えもあるのでオススメです。 【王宮への…

イタリアひとり旅⑯【前半:南イタリア編】ポンペイ遺跡を見たら絶対行くべき!ナポリ国立考古学博物館

国立考古学博物館はダンテ駅から一駅のムゼオ駅のそばにあります。歩いても大した距離ではありませんが、朝からだいぶ歩いたのでここはアルテカードで地下鉄に乗りひとっ飛び。ムゼオ駅に着くと、〈イタリアひとり旅⑮〉で紹介した彫刻のコンコースにつきます…

イタリアひとり旅⑮【前半:南イタリア編】スパッカナポリの教会と芸術的なナポリの地下鉄駅

ピザで膨れ上がったお腹を引きずりながらどんどん歩いていると、スパッカナポリの一角に教会がありました。クローチェ通り沿いにあり、散策中に見つけてふらっと何気なく入った場所です。 下に出ている地図のルート通りには歩きませんでしたが、位置関係は以…

イタリアひとり旅⑭【前半:南イタリア編】ナポリをスパッと分断スパッカナポリの散策と5つの味が楽しめる星型のピザ

サンテルモ城からフニコラーレでトレド通りにまた戻ってきました。 このあとはトレド通りを北上してスパッカナポリへ。 まずはお腹が空いたのでピザ屋へ直行! 今日のランチはPizzeria I Decumani(イ・デクマーニ)で食べます。 【アクセス】 フニコラーレ…

イタリアひとり旅⑬【前半:南イタリア編】ナポリの街を高台から見下ろす

イタリア4日目はナポリの街をもう少しじっくり散策ということで、サンテルモ城にやってきました! 【アクセス】 サンテルモ城に行くにはフニコラーレに乗る必要があります。フニコラーレの駅はナポリの地下鉄Toledo駅かMunicipio駅から徒歩数分のところにあ…

イタリアひとり旅⑫【前半:南イタリア編】ポンペイのコスパ良すぎの素敵なB&Bを紹介

その名はグリーンガーデンです。 入り口は小さくてシンプル 2020年6月某日時点でBooking.comの口コミが233件、総合評価が9.4(すばらしい)という驚異的に評価の高いB&Bです。 この宿は素晴らしい宿。評価が高いのは事前に知っていましたが、実際に泊まって…

イタリアひとり旅⑪【前半:南イタリア編】ナポリで初のおひとり様ドルチェの巻

海辺を散歩した後は甘いものが欲しくなり、前からネット情報でチェックしていたカンブリヌスに行ってみました。卵城からヌォーボ城方面に歩いて戻る形になります。カンブリヌス(Gamnrinus)はプレシビート広場のすぐ側です。 外はオープンカフェのようにな…

イタリアひとり旅⑩【前半:南イタリア編】ナポリの海辺をお散歩

カゼルタ宮からナポリに戻ったのは13:30頃。 お腹が空いたので、とりあえずランチを食べに市内に出ることにしました。地下鉄1号線に乗って2つ目のムニチビオ駅で降ります。事前調査なしで降り立ってしまったのと、空腹すぎたので、駅からプラプラ1分も歩か…

イタリアひとり旅⑨【前半:南イタリア編】カゼルタ宮へ〜スターウォーズも撮影

さて、日付は変わって今日はイタリア3日目の9/26(水)です。今日の目的地はカゼルタ宮。なぜ2番目に行くのかというと、入場料が比較的高い場所だからです。アルテカードで最初の2箇所だけ無料になるので、安いところより高いところに先に行こうかと(ケチ…

イタリアひとり旅⑧【前半:南イタリア編】ナポリで本場のピザを食べる!人気店に並びたくなければピンで行くべし!

お話がなかなか前向いて進まないので、だんだん自分でもイライラしてきました。えーい、ピザ食べるまでに一体何回ブログ書くんじゃーい!これじゃあドラゴンボールと一緒じゃないかああ。。 その昔、毎週水曜夜7時に放送されていたドラゴンボール。父と私は…

イタリアひとり旅⑦【前半:南イタリア編】素敵な電車でナポリに行く

お昼を食べるのも忘れてポンペイ遺跡を歩き回り、いい加減お腹が空き、空きすぎて死にかけ三分五厘でナポリへ向かいました。ベスビオ鉄道の路線図は以下の通りです。真ん中の耳みたいなのがベスビオ山で、その左側を縦に走っているのがベスビオ周遊鉄道ソレ…

イタリアひとり旅⑥【前半:南イタリア編】ポンペイ遺跡

そんなこんなで宿からあっという間にポンペイ遺跡に到着、お得で便利なアルテカードをゲットした後は、いよいよ遺跡の中に入ります。 さあ、れっつポンペイ!下地図の赤いところがポンペイスカビ駅で、そっち側に入り口があります。 ずんずん進んで行くと、…

イタリアひとり旅⑤【前半:南イタリア編】カンパニア州の旅行に便利なアルテカード

到着したその日は近所にカルフールがあることを宿の女将に教えてもらい、そこで水や生ハムなどちょっとしたおやつや食料品を買い(€10.47)ました。カルフールは宿から徒歩7分ぐらいで、カード払いが可能。その後は速攻9時頃に就寝しました。 私は旅先に着…

イタリアひとり旅④【前半:南イタリア編】出発〜ポンペイの宿到着

イタリアは遠いです。 しかもバンコク経由なのでなおさら・・・。でも乗り換えはたったの2時間半。余裕でした。それよりも大変だったのは、ローマからポンペイへの移動。 南イタリアではポンペイを拠点に様々な観光地を巡る計画です。 マイナーな都市である…

イタリアひとり旅③【旅の準備(2)】

イタリアの話が続きますが、ちゃんと中国語のお勉強もしてます。 今日も旅の準備について。 旅のスケジュールを立てる 予算 国内交通の手配 旅のスケジュールを立てる まず大枠のスケジュールを立てます。期間:約3週間(南1週間、北2週間:料理習う) 以上…

イタリアひとり旅②【旅の準備(1)】

私がいくら気ままなB型だといっても見知らぬ土地に行くときの事前リサーチは怠りません。 旅の準備 航空券の手配 タイ国際航空にした理由 1.直行便より安い 2.機材が大きい 3.サービスが安定している 利用したフライトのスケジュール 旅の準備 ひとり…

イタリアひとり旅①【旅行会話はこうして準備する】

私、イタリアが大好きです。中国語をやってたかと思ったらイタリアって・・・振れ幅大きすぎかもですが、過去の写真を整理していたらどうしても書きたくなったので、つらつら忘備録シリーズ的に通し番号つけて書いていくことにしました。先のことを考えられ…