晴れ女の詳しすぎる留学&ひとり旅報告〜 天天都是好天气

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

イタリアひとり旅㉟【後半:トスカーナ編】中世の雰囲気漂うシエナとサンジミニャーノの魅力とキャンティワインに酔いしれる

f:id:KirigirisuMax:20200831160330j:plain

サンジミニャーノ

前回ピサの斜塔に行ったお話で参加したツアーの続きで、サンジミニャーノに行きました。

前回のお話

このサンジミニャーノという地名、この日ツアーに参加するまでは、雰囲気で認識する程度で、全然言えなかったのですが、ここに行った途端にこの街に魅了されてしまい、すぐにこの地名も覚えました!

f:id:KirigirisuMax:20200831160400j:plain

中世みたい

ここは街全体が、本当に絵本の世界のようです。

20歳若かったら、絶対ここにデートで来たかったわ〜。

ガイドさんが、世界一位になったことのあるジェラート屋さんがここにあると教えてくれたので、早速行ってみました。

f:id:KirigirisuMax:20200831160344j:plain

世界一位になったジェラート屋さん

ここのジェラートでオススメのフレーバーはサフランということです。

珍しいフレーバー!

でも、その前に難関が・・・

この行列に並んでしばし待たれよ。

f:id:KirigirisuMax:20200831160456j:plain

ジェラートに並ぶ(お店は右奥)

f:id:KirigirisuMax:20200831160517j:plain

手前がサフラン

並ぶこと20分くらいで2つのフレーバー(€3)をゲット。

一つは、人気のCrema di Santa Fina(クレーマ・ディ・サンタ・フィーナ、サフラン味)、もう一つは・・・・ゴメンなさい失念しました。

いかんせん2年前のことなんで記憶喪失・・・でも多分、キャラメルかナッツ味かなんかそんなところだったと思います。

でも、めっちゃ美味しかったことだけは憶えています。

正直、ジェラートなんかどれも美味しいやろ!と思っていましたが、ここのは違いました!濃厚で甘くて、なぜかわからないけど、めちゃくちゃ満たされる味でしたよ。

お店の情報はこちら

世界一に輝いたサンジミニャーノのジェラート店 Gelateria di Piazza を紹介します | アーモイタリア旅行ガイド

そのあとは、ひたすらブラブラ。

f:id:KirigirisuMax:20200831160315j:plain

とりあえず散策

階段があったので登ってみると、

f:id:KirigirisuMax:20200831164246j:plain

階段の向こうに何があるんだろ?



のどかな景色がありました。

この日はどんよりしていましたが、雰囲気ある景色が広がっていました。f:id:KirigirisuMax:20200831160445j:plain

f:id:KirigirisuMax:20200831160300j:plain

こんな景色日本にはない

とても素敵な場所だったのですが、実はここではあまりのんびりしては入られませんでした。

なぜなら、自由時間は50分ぐらいしかなかったからです(涙)

これが日帰りツアーの悲しいところ。

短いわ〜!

急いで集合場所に向かいます。

集合場所は城門を出た先のバス乗り場。

f:id:KirigirisuMax:20200831160527j:plain

ちょっと焦ってくる。

いや、実はこの時内心相当焦っていました!

なぜなら、

このツアーのバスガイドさんは時間にとても厳格だから!

f:id:KirigirisuMax:20200831160507j:plain

ヤタ〜!城門に着いた!

あと少しでバス停!

f:id:KirigirisuMax:20200831160610j:plain

小走りで戻った甲斐あり、なんとかバスに辿り着きましたが、ここで案の定、恐ろしいことがまた起きました!
集合時刻を5分過ぎても帰ってこない米国人が2人いたのです。

こんな時、日本の日帰りツアーなら、必死で探したり待ったりしますよね。

私もかつて、海外で日帰りツアーの同行通訳をしたことがありますが、ガイドさんと一緒にひたすらお客さんを探しに走り回ったものです。

でも、このツアーのガイドさんは違いました!

「2人帰ってこない人がいますが、次があるので出発しま〜す」

と声高々にバスの運転手にGOサイン。

おぉ〜

こんなに後腐れなく、お客さんを置いていけたら、さぞかし気持ちがよかろうに!!!

他のお客さんにも迷惑がかからなくて、一石二鳥!

このガイドさんに迷いはありませんでした!

パチパチパチパチ!!!

 

でも、だからこそ、明日は我が身と震え上がるのでした・・・。

 

ただ、ガイドさんが自信満々に置いていくには理由がありました。

このステッカーです!

f:id:KirigirisuMax:20200831165857j:plain

ツアーのステッカー

自由時間に迷ったり、バスに置いて行かれた時はここに電話せよ!ということで、最初に皆に配られたものです。

いや〜助かるぅ。

じゃないわ!

ここに電話してもバスは迎えに来てはくれません。

この後、お昼ご飯を食べに行ったのですが、その時に置いてきぼりの米国人夫婦は無事合流してきました。聞けば、行き先を教えてもらって、自力でタクシーで来たというのです。タクシー代はもちろん自腹。距離があるのでさぞかし高かったことでしょう。

 

やっぱこわいです。。。

 

ということで、お昼ご飯は、ワイナリーでワインの試飲です。

f:id:KirigirisuMax:20200831160429j:plain

ワイナリー

f:id:KirigirisuMax:20200831160415j:plain

なかなかモダンなワイナリーです

f:id:KirigirisuMax:20200831160622j:plain

ワインの説明を聞きます

この時すでにお昼の14頃だったので、お腹はペコペコ。

早く食わせろ〜!

f:id:KirigirisuMax:20200831160643j:plain

生ハムだらけ

 

f:id:KirigirisuMax:20200831160633j:plain

ワイナリーのお兄さんがワインの説明をしています

 

f:id:KirigirisuMax:20200831160809j:plain

ワインリスト

f:id:KirigirisuMax:20200831160818j:plain

みんなちゃんと説明聞いてるんだろうか

f:id:KirigirisuMax:20200831160846j:plain

f:id:KirigirisuMax:20200831160655j:plain

アンティパストに合うワインから

f:id:KirigirisuMax:20200831160726j:plain

なぜかお兄さんのテンションも上がっていく

f:id:KirigirisuMax:20200831160738j:plain

キャンティクラシコ

f:id:KirigirisuMax:20200831160828j:plain

パスタに合うワインも登場

f:id:KirigirisuMax:20200831160748j:plain

チーズにバルサミコかけたらこんなに美味しいとは!
f:id:KirigirisuMax:20200831160858j:plain
f:id:KirigirisuMax:20200831160910j:plain
デザートとデザートワイン

お昼ご飯は、良かった、このツアーに参加して!と思えた本当に楽しい時間でした!

そして、お昼の後はバスに乗り遅れる心配もなし!

f:id:KirigirisuMax:20200831160921j:plain

バスに戻る

この後は最後の目的地であるシエナに行きました。

f:id:KirigirisuMax:20200831172352j:plain

時計台が見える

f:id:KirigirisuMax:20200831172318j:plain

シエナ

f:id:KirigirisuMax:20200831172238j:plain

時計台の前の広場

f:id:KirigirisuMax:20200831172252j:plain

教会



f:id:KirigirisuMax:20200831172414j:plain

日が落ちてくると、また素敵

お土産をゲットしにガイドさんがオススメのNanniniへ。

f:id:KirigirisuMax:20200831172424j:plain

カフェでお土産を買う

ゲットしたのがこれ。一箱(€13.80)。

f:id:KirigirisuMax:20200831172457j:plain

ガイドさんオススメのお土産

ガイドさんはすごく勧めていましたが、味は私にとってはまあまあでした。

日本にもっと美味しい焼き菓子があります。

でも素敵な街並みを歩けたから、良かったです。

f:id:KirigirisuMax:20200831172522j:plain

夕暮れ時

㊱に続く。

このあとは、フィレンツェで料理習いながらホームステイします。








 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

イタリアひとり旅㉞【後半:トスカーナ編】スパルタなガイドさんに連れられてピサへ

ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ

ここは?

膝(ヒザ)

ではなく、ピサです。(昭和の人間にだけ分かる話です、令和の方はスルーしてください

フィレンツェのホテルに移動して2日目に、あの有名なピサの斜塔に行きました。

この日しか遠出できる日がなかったということもあり、行きたいところを全部詰め込もうとした結果、普通に電車やバスで行くのは時間のロスが大きすぎるので、現地ツアーに参加しました。

このツアーは1日で、ピサとシエナとサンジミニャーノに連れて行ってくれる弾丸の欲張りツアーでしたが、結果は、大満足でした!!!

私が利用したのはベルトラさんのこちらのツアーです。

現在のウェブの案内では、シエナから始まり、最後にピサに行くというスケジュールになっていますが、私が参加した日は、道路状況から、ガイドさんの柔軟な判断で、先にピサに行きました。

f:id:KirigirisuMax:20200829182332j:plain

ツアーの集合場所

参加当日は大型バス2台で出発。

ツアーの集合は朝早く、まだ薄暗い中で集合場所に向かいました。

ちょっとびっくりしたのは、朝バスで出発するときに、2人の参加者が普通に置いて行かれたことでした

それは中国人のご夫婦で、みんながバスに乗り込んでいるときに、奥さんがトイレに行ったので、旦那さんもバスに乗らずに奥さんを待っていたのです。

バスが出発時刻になり、発車したときに、外から大声で手を振る男性がいて、バスが一旦停車しました。車道の反対側に回ったバスに向かって男性がしきりに手を振っていて、ガイドが電話で何やら話していました。その男性とバスまでは、30秒ぐらいで走ってこれる距離に見えましたが、

なんと、バスは無情にもその男性を待たずに行ってしまったのです!

後でガイドに確認したら、その夫婦には、同じMyTourの半日ツアーに変えてもらったというのです。

 

ぎょえ〜!

こわーい!

厳し〜い ><

って、普通なら怯えますよね。

 

私は怯えました。

 

だから集団行動は嫌だったのよ、とツアーに参加したことを、その時は、後悔さえしました。

でも、この時はまだ、この後に起こるさらなる悲劇を知る由もなかった・・・。

 

英語とスペイン語が堪能なイタリア人の若くてかわいい女性ガイドさん。

とってもフレンドリーで話しやすいのですが、時間にはとっても厳しいのでした・・・

イタリア人ってこんなんだったっけ???

 

何はともあれ、ピサにつきました。

f:id:KirigirisuMax:20200829182458j:plain

お、見えてきた!

この門をくぐると、自由行動です。

大聖堂の背後から、「どうも!」と言わんばかりにひょっこり姿を見せたピサの斜塔

思ったより傾いていて怖いわ。

f:id:KirigirisuMax:20200829180510j:plain

世界遺産ですが、傾き加減がラッパーのノリ並み、yo! yo! 

まずは、ピサの斜塔をジロジロと。

f:id:KirigirisuMax:20200829180533j:plain

だ、大丈夫かい?

めっちゃ傾いてるけど、大丈夫かいな。

ちょっと傾きが大きすぎる気が・・・。

 

やっぱ・・・あかんやつやん!

 

ジェンガやったら確実に倒れるやつやわ!

でも登っている方はたくさんおられました。(土台の補強工事をしているから大丈夫とのことです)

私は信用しませんが。

f:id:KirigirisuMax:20200829180523j:plain

てっぺんに人が

それに、見上げた瞬間、こりゃ気持ち悪くなるな・・・と直感。

こんな傾いた階段登ったら、酔いそう!

1時間ほどの自由時間は、ピサの斜塔に登ってもいいし(事前予約制)、大聖堂の中を見ても良いということでした。私は事前予約はしていなかったのですが、私の三半規管が無理と叫んでいたので、それで正解でした。

大聖堂の入場チケットだけその場でもらって、中を見学しました。

f:id:KirigirisuMax:20200829180412j:plain

チケットに書かれた時間に大聖堂の中へ

f:id:KirigirisuMax:20200829180457j:plain

中は圧巻

f:id:KirigirisuMax:20200829180442j:plain

こうゆう彫刻見るの好き

大聖堂の中はやはり圧巻です。

ピサの斜塔の周辺をお散歩していると、腕のない像がまた落ちていました。

f:id:KirigirisuMax:20200829180357j:plain

確かポンペイにも似た人がいたような・・・

イタリアに来る前にカナダに行った時から、このピサの斜塔がどれくらいの高さなのか気になて気になって、実際に見てみたいと思っていたので、来れて本当に良かったです。(意味不明な下りですが、後ほど書くカナダ編で明らかにします)

 

ピサだけに行くのなら、フィレンツェからは片道1時間で電車で日帰りできるみたいです。シエナとサンジミニャーノも同じ日に行きたいなら、このツアーはオススメでした。


次回㉟では、サンジミニャーノで世界一のジェラートを食べます。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村