晴れ女の詳しすぎる留学&ひとり旅報告〜 天天都是好天气

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

イタリアひとり旅①【旅行会話はこうして準備する】

私、イタリアが大好きです。中国語をやってたかと思ったらイタリアって・・・振れ幅大きすぎかもですが、過去の写真を整理していたらどうしても書きたくなったので、つらつら忘備録シリーズ的に通し番号つけて書いていくことにしました。先のことを考えられないので、思い出にふけります・・・。

書くのは2018年に3週間余りひとり旅したときの内容です。これまで30か国以上にいきましたが、中でもイタリアは私を魅了してやみません。まだ1年半ぐらいしか経っていないので、記憶があるうちに残しておきます。

コロナでイタリアは大変なことになってしまいました。コロナが収束したら是非多くの人に生でイタリアの文化や味に触れていただきたいですし、自分もまた行く予定です。

f:id:KirigirisuMax:20200509214405j:plain

 

イタリアひとり旅


ひとり旅は面倒だと思っている方も多いと思います。でも、イタリア語が出来なくても、旅慣れていなくても、冒険は可能です。決して旅のエキスパートではない自分がイタリアをひとり旅したときの体験とノウハウを少しずつまとめていきます。ご旅行の参考になれば幸いです。

 

なぜひとり旅か?


私は団体ツアーが苦手です。たった一度だけ参加したことがあるのですが、バカンスなのに毎朝異様に早い時間帯に起きなくてはならず、毎日荷物の出し入れやパッキングを強いられたり、さほど仲良くない知らない人たち(ごめんなさい。悪気はないんです)と大勢で決められた食事をさせられるのが、窮屈でたまりませんでした。もちろん団体ツアーには良い面もたくさんあります。バスでスーツケースのような大きな荷物も全部運んでくれて便利ですし、わからないことは何でも添乗員さんにきけば教えてくれます。ただ、そこが良くもあり悪くもある点で、現地の人と触れ合ったり、直に文化に触れたい私にとっては少し物足りなくもありました。
ひとり旅は楽ではありません。自分ですべて解決しなければならないからです。でも、その分良かったことも良くなかったことも印象深く記憶に残ります。そして、何よりも、それらの体験すべてが充実感や達成感へと変わるのです。旅の写真を見返したとき、より鮮烈な思い出がよみがえるのがひとり旅の魅力だと思います。


私のイタリア語レベル

ほぼしゃべれません!!

 

イタリア語の事前準備

最低限のサバイバルフレーズを行く3か月前から練習。トイレの場所の尋ね方やお買い物の際の会話、乗り物に乗るときや食事のときに必要なフレーズなどを頭に叩き込み、また、その内容を小さな手帳にもメモして持って行きました。

 

旅行会話はこうして準備する

ここでいう「しゃべれない」言語とは文字どおり挨拶ぐらいしかぱっと出てこない言語のことを指します。大学で取った第二外国語も、もし「こんにちわ」と「1、2、3」と「あなたが好きです」ぐらいしか言えないなら、それはしゃべれない言語です。

ただ、大学で取った言語ならちょっとぐらいは文法も記憶に残っているかもしれませんが、全く自分にとっておニュー(昭和っす)の言語は、そんな旅行までに喋れるようになんてならないですよね。でも、旅行で困らない程度に覚えていくことは可能です。

ポイントは、旅行会話の本をそのまま旅先に持っていかないことです。張り切って旅行会話の本を買って持って行って、旅の終わりまで1度も開かずに終わってしまったってことはありませんか?本を持ち歩いても実は、現地で役立つことは殆どありません。なぜなら、ページが多すぎてどこに何が書いているか探すのが面倒だからです。時間がかかるし、その本の分の重量の無駄遣いです。確かに安心感はありますが(°▽°)。このご時世、スマホや翻訳機である程度できてしまうので、まだそっちの方が重宝するでしょう。但し、全く知らない言語の場合、音声認識で正しく認識されなければ、とんでもない誤解を生むリスクがあることを承知で使わなければなりません。iPhoneのSiriでさえ私の日本語をちゃんと理解してくれないことが多々あります。

f:id:KirigirisuMax:20200511161145j:plain

こういう旅行会話の本を持っててうまく使えたためしがありません

ではどうすれば良いのか?答えは簡単です。有用なフレーズを覚えていくだけ。行くまでに時間がなければ10個。計画的にやるなら30パターンの質問とその答えをYouTubeを見ながら学習します。イタリア語ならイタリア語とかイタリア語旅行会話で検索すると沢山出てくるのでその中からよさげなものを選んで集中的に発音練習などをします。この時基本の文法から習ってはダメ。文法は完全無視です。あくまでも即席に使えるようにするだけなので、文法は無視してそのフレーズだけを覚えます

現地で発話できなくては意味がないので、YouTubeやラジオなどの音声素材を中心に1日15分ぐらい唱えます。こうしていれば、1ヵ月もすれば頭に入ります。会話本に書かれてあるカタカナを必死で読んでも現地では通じませんが、YouTubeで聴いたまま言えば、大抵は通じるし、現地の言葉を2、3コトしゃべるだけで、お店の対応や反応が格段に良くなることも多いです。

仕上げに、覚えた分をそのまま小さなメモ帳や紙に書いてメモします。紙はその旅行のためだけなので、ノートの切れ端でもなんでもいいです。小さければ小さいほどいいので、私はノートを半分にちぎって重ねてホチキスで留めたものに書くことが多いです。でもこれは本当に精神安定剤のみの目的です。基本パターンは頭のノートに書いていきます。

旅行に行く前に文をいくつか覚えるのは楽しいものです。ユーチューバーの方々のおかげで今では様々な無料教材が転がっています。中にはこれから行く現地で収録した動画などもあり、見ているだけでワクワクしてきます。

私はフランス旅行に行くとき、飛行機の中で覚えたフランス語を何度も復唱していました。夫はそんな私を隣で馬鹿にしていましたが、いざ現地のレストランで注文するときや、お勘定するときに私が話したこともないフランス語を当たり前のように発して受け答えすると「いつしゃべれるようになったんだ!」と仰天していました。本当は超片言なんですけどね。特に私はお酒を飲まないので、「Une carafe d'eau, s'il vous plait」(水道水・ピッチャーのお水にしてください)が非常に重宝しました。水だけで注文すると、たっかい有料の水が出てきてしまうんです。かといって、こっちがいくら正しい英語で話しても向こうの英語力が足りないとやっぱ誤解されて変なものが出てきてしまう場合があるから、やっぱ現地語は間違いないんですよね。外国で変なものが出てきてしまったらそのあと処理がもっとめんどくさいし!ちなみにこの1つの文をとってみても、耳から入れないとなかなかうまく発音できない代物です。


イタリア旅行の目的


今回の旅の目的は4つ。
1.ナポリで本場のピザを食べる
2.ポンペイ遺跡を見る
3.おいしい本場のイタリア料理を習う
4.あこがれのフィレンツェに滞在する
これだけでした。でも、実際に旅してみると、これら以上に面白いことがたくさんありました。


旅したルート

南から北上
南イタリアエリア(ナポリポンペイ、カゼルタ、カプリ島アマルフィ海岸)

→→→→フィレンツェ周辺(ピサ、チンケテッレ、シエナ、サンジミニャーノ)

 

次回②に続く