晴れ女のわがままジャーニー(人生も旅も)

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

イタリアひとり旅⑲【前半:南イタリア編】お土産はリモンチェッロがオススメ

カプリ島の展望台で海を30分ほどぼーっと眺めた後、ふと我に帰りました。

十分癒されたし、海はお腹いっぱいになったので(飽きるの早っ)、港に降りようとフニコラーレ乗り場に歩いて戻りました。すると、なんということでしょう。

チケットブースが閉まっとるやないかーい!

周りを見渡すと、私と同じくチケット買いたげな人たちがフニコラーレの乗り場周辺で困惑していました。

とりあえずそこで10分程待っていると駅員が戻ってきて何事もなかったかのようにチケットを売り始めました。チケットは無事買えましたが、日本ではありえない話です。イタリアではこうゆうことが結構多いようです。

ここは日本人が是非とも見習うべきところだと思いました。このようにストレスのたまらない働き方をすれば、毎日のお勤めがもっと快適になるハズ!確かにお客は一瞬気を揉むかもしれないけど、そんなの大したことではない。働く側が毎日ストレスを溜めずに過ごせた方がいいのでは?なーんて私は思います。

マリーナの方に降りるとたくさんお土産やさんなどが並ぶ通りがあるのでそこでしばしお土産を物色。

f:id:KirigirisuMax:20200629174620j:plain

港近く

賑やかな雰囲気で、フニコラーレの上より庶民的な感じ。

f:id:KirigirisuMax:20200629173947j:plain

お買い物に最適

しばらく行くと、アナカプリ行きのバスがありました。

f:id:KirigirisuMax:20200629174648j:plain

アナカプリに行くバス

でも、このバスに乗って遠征はしませんでした。デートには良いかもしれないけど、ピンのアラフォーが見るところはあまりなさそうだし。

その辺で一番目立っていたのはリモンチェッロというリキュール(下)。カプリやアマルフィで取れたレモンで作った特産物です。このお酒は度が強いので、小瓶でもお土産に良さそう。瓶自体もおしゃれなので、私は小瓶数本を友達のためにゲット。アイスクリームにかけたり、ソーダで割って飲んでも美味しい。

f:id:KirigirisuMax:20200629174721j:plain

リモンチェッロ

お昼近くなると、さっき乗ったフニコラーレに長蛇の列が。朝早くに行っておいてよかった!

f:id:KirigirisuMax:20200629174750j:plain

昼前は大行列!

船着場に戻ってみると、ポジターノアマルフィに船が出ているようです。洞窟に行けず、やることが急になくなって不完全燃焼だったので、ここからアマルフィ海岸に船で行ってみることにしました。

f:id:KirigirisuMax:20200629174843j:plain

アマルフィにもここから船で行ける

早速ポジターノ行きのチケットをゲット。

f:id:KirigirisuMax:20200629175005j:plain

ポジターノ行きのチケット

アマルフィ海岸といえば、日本でもアマルフィが映画で有名になりましたが、インスタ映えするのはポジターノだということで、ポジターノ行きをゲット。

f:id:KirigirisuMax:20200629175042j:plain

海が綺麗

船の時間までちょっとあったので海を眺めながら優雅に待機。そして、いざポジターノ行きの乗り場に向かおうとすると、これまたソレントと同じく乗り場が全然見つからない。人に尋ねまくってようやく見つかったと思ったら、なんと一番遠い端っこやないかーい!結局猛ダッシュ&ギリギリセーフで乗船。

これは後半のフィレンツェなどでも感じたことですが、イタリア人は案内板立てるという概念はないのかね?

f:id:KirigirisuMax:20200629175151j:plain

ポジターノ行きはどこじゃーい!

んでもってなんでいっつもこうバタバタやねん。。。

でもまあなんとか乗れるものです。

次回はアマルフィ海岸からお届けします。

⑳に続く。 

PVアクセスランキング にほんブログ村