晴れ女の詳しすぎる留学&ひとり旅報告〜 天天都是好天气

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

イタリアひとり旅㉓【前半:南イタリア編(完)】フォトジェニックなポンペイ旧市街をぶらぶら

ベスビオ山を降りるには、来た時と同じバスに乗る必要があります。

ただ、バス停は例によってバス会社や行き先を明記した札などが一切なく、雑然としています。登山口のバス乗り場には行き先の違う大小様々なバスが次々と到着し、適当な場所に停車するので、ぱっと見ではどれに乗って良いかがわかりません。でも、青色のEAVと書かれたバスを頼りに探しました。IQを測る知能テストみたいで焦ります。とはいえ、間違えて別の場所に行っても、その後の予定はなかったので、面白いだけかもw。

バスはポンペイスカビ駅ポンペイに止まるとアナウンスがあったので、気分転換に、朝乗ったのとは違う旧市街のあるポンペイの方で降ろしてもらうことにしました。

お腹が空いたので、まず腹ごしらえ。行ったのはAdu'u Mimiというお店。

登山の後なので、大きなピザは食べる気にならず、種類が豊富で詳細なこの看板に見とれていると、店の中から出てきたお兄さんに声をかけられ、そのままお店に吸い込まれました。

f:id:KirigirisuMax:20200726100228j:plain

メニューがたくさん

場所はこちら 

ランチタイム後だったからか、中がガラガラでちょっと不安になりました。でも、お店は解放感あって綺麗だし、店員さんも親切でした。

f:id:KirigirisuMax:20200726095059j:plain

空いている!

疲れていても口に運びやすいペンネを選択。例によってパンも自動で出てきてW炭水化物。

f:id:KirigirisuMax:20200726095001j:plain

サラダを手前に置いてメインに見せる作戦

イタリアで出てくるサラダはオリーブオイルに塩コショウというシンプルなスタイルが多いのですが、それが私はめちゃくちゃ好きです。素材のシャキシャキ感やみずみずしさも感じられて、ゴテゴテのドレッシングより美味しい!

f:id:KirigirisuMax:20200726095032j:plain

おいしー

ペンネのトマトも新鮮で甘みがあって美味しかった!

f:id:KirigirisuMax:20200726094842j:plain

ごちそうさまでやんした

なかなか当たりのお店だったので、リンクを貼っておきます。

お腹が膨らんだので、腹ごなしに旧市街をお散歩。

f:id:KirigirisuMax:20200726094803j:plain

旧市街の通りはグラフィティもなく、落ち着いた雰囲気

なんとも優雅な昼下がり。

f:id:KirigirisuMax:20200726091952j:plain

南国風の旧市街

旧市街の中心部は南国風。国旗が並んでる。

f:id:KirigirisuMax:20200726093904j:plain

噴水が気持ちいい

噴水にも癒されます。この周辺はジェラート店やレストランも立ち並ぶ華やかなエリア。でも街全体はナポリのようなジャンクさはなく、大人の雰囲気です。

f:id:KirigirisuMax:20200726093947j:plain

市庁舎

歩いていると教会があったので入ってみました。

f:id:KirigirisuMax:20200726093824j:plain

教会

何気なくあった街の教会ですが、中の装飾は見事!イタリアはこの点はどこもすごいです。

f:id:KirigirisuMax:20200726094651j:plain

外は暑いですが、中はひんやりして気持ちが落ち着く空間になっています。天井のフレスコ画も綺麗です。

f:id:KirigirisuMax:20200726094719j:plain

例外なく素晴らしい天井

雲ひとつない晴天に塔がくっきり映えています。通りも清潔に保たれていて、フォトジェニックなポンペイの街、なかなか気に入りました。

f:id:KirigirisuMax:20200726094546j:plain

美しい塔

通りにはテントが立ち並んでお土産物などを売る露店もたくさん。活気があります。

f:id:KirigirisuMax:20200726094125j:plain

快適なお散歩

この辺で買い物すれば値切れそうな予感。買いませんでしたが。

f:id:KirigirisuMax:20200726094424j:plain

イタリアのお土産がたくさん

前日に買ったリモンチェッロもここに山ほどありました。

f:id:KirigirisuMax:20200726094509j:plain

レモンのお土産

ポンペイの街を歩いると、またポンペイ遺跡にたどり着きました。ポンペイ遺跡は大きいので、ポンペイ旧市街側にも入り口があります。せっかくなので、覗いてみることにしました。

f:id:KirigirisuMax:20200726092039j:plain

ポンペイ遺跡の旧市街側の入り口

入るとすぐにガラス張りの建物が。

f:id:KirigirisuMax:20200726093534j:plain

ガラス張り

中を覗くと、石膏像がたくさん展示されていました。ここはまだ入場料を払わないでいいエリアです。

f:id:KirigirisuMax:20200726093318j:plain

ガラス張りなので中が見える

f:id:KirigirisuMax:20200726093355j:plain

奥にうずくまっている人も

ここはタダですが、この先からはチケットがないと入れない場所になります。帰り道、これらが、さっき登ってきたベスビオ山の噴火の犠牲になった方々だと思うと、複雑な思いになりました。

f:id:KirigirisuMax:20200730152756j:plain

宿に帰ろ

でも、2000年前の様子が手に取るように見られるポンペイ遺跡や雄大な自然が堪能できるこの街は魅力的だな。

ベスビオ山に始まり、ベスピオ山に終わったポンペイ滞在の1週間。楽しかったです。

 

南イタリア編】の最後はベスビオ山の山頂で記念に買ったポストカード。また来るぞ。

f:id:KirigirisuMax:20200730152703j:plain

記念に買ったハガキ

この後は、列車に乗って北イタリアへ。見知らぬイタリア人のお宅に滞在します。

イタリアひとり旅【後半編】に続く。

PVアクセスランキング にほんブログ村