晴れ女の詳しすぎる留学&ひとり旅報告〜 天天都是好天气

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

ミニマリストにあこがれるもくつ下114足のジレンマ

ミニマリスト」にあこがれている。

もう何年も前から憧れている。

スーツケースひとつでどこにでも行けて暮らせる!そんな生活に憧れるけど、実際には旅行でもがっつりスーツケース1つを持って行く始末。。。なぜだか分からないけど、家にものがあまりないのを想像するとちょっとテンション上がる。

 

だが、ミニマリストへの道のりは遠い。

 

それで、絶対に生活に欠かせないものを挙げてみた。

(家電と家具、キッチン用品、寝具以外)

  • コンタクトレンズとメガネとその備品
  • スマホ
  • お財布とその中身
  • マスクと消毒液
  • 化粧品
  • Macと周辺機器、外付けハードなど
  • 下着
  • 衣服
  • カバンやバッグ
  • アクセサリー少々
  • 語学などの参考書
  • 文具少々

あれ?意外と少ないぞっと。

 

じゃあ、なんでこんなにうちにはモノが溢れているのだろう?

 

そして、気づいた。

うちにある三大多いもの!

  1. 写真など思い出の品
  2. 書籍
  3. 服とカバンと靴

くつ下はちょっと前に数えたら相当な数があったことを思い出して、フェイスブックを見直してみたら、2018年に『114足あった』と書いてあった!それ以降おそらくあまり減っていない。ムカデでもなかろうに・・・。

3は頑張ればなんとか減らせそうだけど、1と2は厄介だな。

f:id:KirigirisuMax:20200802140606p:plain

まずは服を減らすか。

服はコンマリさんのように手に取ってみてときめかないものが十分ありそうだけど、書籍は「ときめき」で判断してよいものか甚だ疑問・・・決して安いものではないし、次に手に入るとも限らないし。小説などは手放しても図書館ですぐに読めそうだけど、参考書は一度手放したら、今生の別れになるかも。

写真は全てデータ化したいけど、枚数があまりにも多すぎてアナログ時代のものをスキャンするだけで人生の貴重な時間を奪われそう。

一体どうしたら・・・orz

むづかし〜><