晴れ女の詳しすぎる留学&ひとり旅報告〜 天天都是好天气

中国語ぺらぺら目指した今年の留学計画は新型コロナで台無しに(泡汤了)!でも諦めず自宅で意地の留学決行中!!!

イタリアひとり旅⑩【前半:南イタリア編】ナポリの海辺をお散歩

カゼルタ宮からナポリに戻ったのは13:30頃。

お腹が空いたので、とりあえずランチを食べに市内に出ることにしました。地下鉄1号線に乗って2つ目のムニチビオ駅で降ります。事前調査なしで降り立ってしまったのと、空腹すぎたので、駅からプラプラ1分も歩かないうちに見つけたトラットリアらしきお店に勢いで入店。

f:id:KirigirisuMax:20200530155023j:plain

エビが美味しいパスタ

何も考えず、ただただ美味しいパスタを頬張ってしまいました。海老の風味と濃厚なトマトの味が絶妙な美味でした!笑

ただ、このパスタ、意外にいいお値段で・・・パスタと水だけで15.5もしてしまいました。そう、イタリアではいつも水代とチップが高くつくので、実際の値段より高く感じてしまう!水は水道水でいいのに、どでかい水を出されてしかも有料。チップはこっちが考えなくても向こうがちゃっかり伝票に書いてくる場合が多いので他の国ほど面倒ではないけど、ぶっちゃけそんなことなら最初から食事代に入れといておくれよ〜と思ってしまう。後で変なサプライズ本当にいらんし!笑

f:id:KirigirisuMax:20200530155312j:plain

ぼったくりか!?

ぼったくられた感は否めませんが、店員さんがとても愛想が良く、お客も大勢いたので、人気の店なのかもしれないです。

とりあえず腹ごしらえ完了!

お昼ご飯を食べたお店のすぐ目の前のヌォーボ城でも見学することにしました。

f:id:KirigirisuMax:20200530160241j:plain

ヌォーボ城

入場料は通常は6です。でもアルテカードで割引にするぞと思ってカードを見せたら、なんと3カ所目なのに無料になりました。タダなのは最初の2か所だけだと思っていたのにラッキーです。

f:id:KirigirisuMax:20200530160428j:plain

入り口

f:id:KirigirisuMax:20200530160456j:plain

彫刻

入り口はとても立派です。階段を上っていくと2階に大きなベランダがあり、ベスビオ山が正面に!綺麗です。気分爽快。

f:id:KirigirisuMax:20200530160557j:plain

ベスビオ山がきれいに見える

お城の中にはたくさん絵画が飾られていました。

f:id:KirigirisuMax:20200530160756j:plain

お城の中には絵がたくさん

次のお部屋にもまた絵がたくさん。

f:id:KirigirisuMax:20200530160904j:plain

お城の中の通路にも絵

おお、絵だらけ!!

f:id:KirigirisuMax:20200530161018j:plain

ここは美術館ですか?

おっと〜、ここは美術館ですかい?絵画好きなら良いですが(私は好きです)、そうでなければ、中はあんま見る価値ないな思ってしまいました。。カゼルタ宮を見たすぐ後だったので、落差が激しすぎたのかもしれないです。ここが通常6であることを考えると、なおさら。この後で行った無料の卵城の方が外だけですが眺めも良くておすすめです!

f:id:KirigirisuMax:20200530161145j:plain

ヌォーボ城の中の階段

ヌォーボ城を後にし、海沿いを歩いて卵城に向かいました。ヌォーボ城から卵城までは徒歩15分ほどで、色々なルートで行くことが可能ですが、ここは絶対に海沿いを歩くことをお勧めします。なぜなら景色が最高でとても気持ちがいいからです!!!

途中、ベスビオ山をバックにカラフルな小舟が並んだ映えスポットを発見。

f:id:KirigirisuMax:20200530161650j:plain

映えてます。

この海沿いには高級ホテルなども立ち並びます。

f:id:KirigirisuMax:20200530161749j:plain

きれい

なんだかわからない彫刻を施した門も素敵!

この頃もうで既に私はナポリの虜になりつつあったのでした。。

f:id:KirigirisuMax:20200530161825j:plain

左に小さくベスビオ山!

左にベスビオ山、右手に海!太陽が眩しくて最高です!

f:id:KirigirisuMax:20200530161900j:plain

右側の海きれ〜い!

卵城は海に突き出た場所にあるのでそこまで海を感じながら歩けて気持ちいいこと、この上なし。かなりシャレオツな場所に来た気分。ルンルン。カップルも多かったです。

f:id:KirigirisuMax:20200530161935j:plain

卵城に向かって歩く

f:id:KirigirisuMax:20200530163651j:plain

卵城に登る

f:id:KirigirisuMax:20200530163726j:plain

城感のある階段をどんどん登ります

f:id:KirigirisuMax:20200530163815j:plain

お城の雰囲気が味分けます

f:id:KirigirisuMax:20200530163847j:plain

途中でちょっと海見ながら休憩〜!

f:id:KirigirisuMax:20200530163920j:plain

またまた出ましたベスビオ山!

f:id:KirigirisuMax:20200530164032j:plain

砲台も

f:id:KirigirisuMax:20200530164111j:plain

上に登るとただただ気持ちいい

f:id:KirigirisuMax:20200530164141j:plain

お家が見えます

f:id:KirigirisuMax:20200530164216j:plain

浅瀬の小舟もなんだか楽しそう

f:id:KirigirisuMax:20200530165040j:plain

場所の説明

ナポリに行ったら海沿いを歩いて、この卵城に登り、上から是非ベスビオ山と海を眺めてみてください。ナポリがすごく好きになりますよ。
















 

イタリアひとり旅⑨【前半:南イタリア編】カゼルタ宮へ〜スターウォーズも撮影

さて、日付は変わって今日はイタリア3日目の9/26(水)です。今日の目的地はカゼルタ宮。なぜ2番目に行くのかというと、入場料が比較的高い場所だからです。アルテカードで最初の2箇所だけ無料になるので、安いところより高いところに先に行こうかと(ケチくさいかな)。ちなみにカゼルタは火曜日はお休みです。 

カゼルタは行くには、まずポンペイ・スカビ駅からベスビオ周遊鉄道でナポリガリバルディ駅に行き、そこでFS線に乗り換えてカゼルタ駅で降ります。ナポリからカゼルタまでは40、50分です。 

電車の時間は前もってスマホトレニタリア(イタリアの国鉄)のサイトで調べておきました。

f:id:KirigirisuMax:20200530110848p:plain

スマホで簡単に時間の検索が可能

朝9:07ナポリ発の電車を目指します。予約は不要。前日にナポリ駅のインフォメーションのお兄さんにカゼルタへの行き方を聞いておいたのでバッチしです。

既に切符がある人のFS線の乗り方。

  1. 駅に着いたらこの下の写真の電光掲示板に突進
  2. 自分の乗りたい電車の右にある数字で何番ホームか確認する。
  3. ホームに進んで、乗る!

なんですが、この電光掲示板がちょっとくせ者。私は9:07ナポリ発に乗る予定なので、上から3番目のRegionale24305号に乗ってくんですが、電光掲示板の前で待てど暮らせどホーム番号が出ない。そう、この番号、結構ギリギリにならないと出ない場合もあるのです。私が「14」というホーム番号の点灯を確認したのはなんと出発の3分ほど前。そして、ここからが大変。同じ電車を今か今かと待っていた人が番号の点灯と共にマリオカートのごとく猛ダッシュ。幸い私はスーツケースのような大荷物がないのでスタートダッシュに見事成功し、無事車両を見つけ、座席もゲットできました!

改札はなく、アルテカードを持ってるので打刻も不要です。

f:id:KirigirisuMax:20200530110927j:plain

この電光掲示板がくせ者

電車の中は普通の列車と変わりません。ここからはしばし景色を見つつ、まどろみながらカゼルタへ。とは言え終点ではないので、降りる前になったらちゃんと注意して駅名を確認します。

f:id:KirigirisuMax:20200530113241j:plain

中の様子

カゼルタ駅を降りたら、カゼルタ宮はもう目の前です。ただ、おぉ!あれか〜!と思ってからが長く、入り口までちょっと歩きます。

f:id:KirigirisuMax:20200530113613j:plain

入り口までが遠い・・・

でもお天気も良くて気持ちいいんですけどね。

着いたらチケットを購入しますが、アルテカードを出すと12の入場料はもちろん無料になります。

そして中へ。

フランスのベルサイユ宮殿を参考にして建てられたというこのカゼルタ宮。ちょうどこの半年前にベルサイユ宮殿も行ったばかりだったので、記憶が新鮮でしたが、規模はこちらの方が大きいです。

まず目に飛び込んでくるのが、大きな階段。スターウォーズの撮影にも使われたそうです。スターウォーズはあまり詳しくないのですが、壮大なかっこいい場面が撮れそうな雰囲気であることは確かです!

f:id:KirigirisuMax:20200530114324j:plain

スターウォーズの階段

f:id:KirigirisuMax:20200530115147j:plain

よっお三方!って誰だか知らんけどこの彫刻

冷た〜い石の階段が延々と続き、上り終えるとまず礼拝堂のような場所が見えます。なかなか荘厳で素晴らしい!のですが、椅子がなぜか透明のプラスチック。。。これが最新のおしゃれというやつなのか!?アラフォーおばさんはちょっと戸惑ってしまいました。

f:id:KirigirisuMax:20200530115227j:plain

手前のプラスチックの椅子が光ってる・・

カゼルタ宮の各部屋の天井は金の装飾が多いように思います。ゴールドと白い壁のコントラストがとても綺麗で、この中で写真を撮ると顔のシミをレフ板よろしく一気に飛ばしてくれるので、角度によってはかなり盛れたセルフィーが撮れます。

f:id:KirigirisuMax:20200530115312j:plain

天井にも豪華な装飾が!

f:id:KirigirisuMax:20200530115357j:plain

鏡の間を彷彿とさせます

大広間も幾つかあって、ベルサイユ宮殿の鏡の間に雰囲気が似ていますが、ここの良いところは、ベルサイユよりも人が圧倒的に少ないので、頭だらけの写真にならず、ちゃんと内部の全景が撮れるところ。 ベルサイユの方がもっときらびやかな気がしないでもないですが、人の群れが盛り上げているのかもしれません。

f:id:KirigirisuMax:20200530115453j:plain

このようなお部屋が数え切れないほどあります

部屋から部屋へと巡るだけですが、これがなんか楽しい。

f:id:KirigirisuMax:20200530115535j:plain

テーブルの脚もいちいちすごい

f:id:KirigirisuMax:20200530165340j:plain

シャンデリアが垂れ下がってきてこんにちわ

f:id:KirigirisuMax:20200530165424j:plain

シャンデリアがスパイダーマンのようにぶらさがってきてかなり主張

f:id:KirigirisuMax:20200530165519j:plain

天井はどれも人がいっぱい

f:id:KirigirisuMax:20200530165602j:plain

2頭の羽生えたライオの顔は活気に欠けるけど、なんか座ってみたい気もするこの椅子

途中、中から外観が見えますが、外観はいたってシンプル。学校の宿舎みたいです。

f:id:KirigirisuMax:20200530115619j:plain

外観はシンプルです

外の景色もビルなどがなく、緑豊かで気持ちいい。お庭の植物を庭師が綺麗にカットして何かを描いていますが、何なんでしょ?分かりません。向こうのお山がもうちょっと富士山のように高かったらもっと絵みたいになるのに。

f:id:KirigirisuMax:20200530115650j:plain

中から見える外の景色が最高。造形の模様が何なのか謎

でもひとりぶらぶら楽しかったです。

ここではのんびり景色を眺めたり、

天井にあるこまかーい絵をまじまじと見上げたり、

f:id:KirigirisuMax:20200530115735j:plain

天井は全て美しい

中に飾ってある絵に見入ったり。

f:id:KirigirisuMax:20200530122502j:plain

絵画も飾られています

絵画を見て本当にお腹がスイカを欲してみたり、

f:id:KirigirisuMax:20200530115824j:plain

イカの絵の完成度高っ!

ライオンとにらめっこしたり。

f:id:KirigirisuMax:20200530115914j:plain

ライオンの顔が怖いんですけど・・鼻が人間!

・・・。

 

嘘です。にらめっこはしてません。

 

でもこのライオン、ちょいブス。欧州に行くと例外なくどこにでもいるようなライオンですが、私はこの鼻が許せません!鼻が人間っぽすぎ!しかも鼻の真ん中に線が!これは事件です!

ま、宮殿すごかったから許してあげましょう!

 

見学エリアの最後にはプレセピオがたくさんありました。プレセピオのことを私もこの時まで知らなかったのですが、イタリアの伝統の飾りで、キリストの誕生を模したものをクリスマスの時に飾るのだそうです。

かなり寄って撮ったのでサイズ感が分かりづらいかと思いますが、ミニチュアのちょっと大きいバージョンぐらいの大きさです。

f:id:KirigirisuMax:20200530121055j:plain

プレセピオ:この中でイモトを探せをやってみたい

私、ミニチュア好きなんで、こういうの見入ってしまうんですが、かなり色々な方々がいらっしゃる上、表情も細かいところまで表現されていて見事です。牛の表情なんかもすごいです。

f:id:KirigirisuMax:20200530121142j:plain

プレセピオ:ちょっと怒っているスキンヘッド太鼓おじさんの隣で必死に楽器吹いているアナザースキンヘッドのおじさん、さらに手前の哀愁漂う馬の表情が気に入って撮影

f:id:KirigirisuMax:20200530121207j:plain

プレセピオ:手前の牛の驚いた表情が素敵で撮影

そして、ここのもう一つの見所は王宮庭園です。宮殿からはちょっと離れていて、自転車を借りるかシャトルバスで行けるらしいのです。楽しみ〜!

f:id:KirigirisuMax:20200530121415j:plain

向こうに見えるのが王宮庭園。お天気良し!

望遠でもう少し寄せるとこんな感じ。散歩したいなー。

f:id:KirigirisuMax:20200530121310j:plain

ズームで寄せてみた。王宮庭園

ところが、


この日はなんと王宮庭園は閉園。ちーん。T^T

 

そこら辺にいたガードマンのおっちゃんに聞いたところ、強風で危ないのでダメなのだと。どの辺がダメなんすか?私平気ですけど?と詰め寄りたくなったけど、こんなところで日本人が粗相を起こしてはなるまいと自分に言い聞かせ、我慢しました。
この柵の向こうが王宮なのに・・。

f:id:KirigirisuMax:20200530121522j:plain

こっから出してもらえず・・・

もっと満喫したかったのに。。

肩を落としてカゼルタ宮殿を後にし、ボトボトと駅に向かいました。

帰りも電光掲示板で時間とホームを確認します。これから乗れる一番早い電車に乗ってナポリまで帰るぞ。

f:id:KirigirisuMax:20200530114157j:plain

今度はホームの番号がもう出てた!

⑩につづく。

 

※この旅日記は20か月前の日記や写真、出費記録を基に書いています。

熊猫・・不 是熊。 熊?パンダ?熊?それは本当にパンダですか!?

中国語の先生から教えてもらった面白い動画の紹介です。

中国最大の動画プラットフォーム”BiliBili”に投稿された動画ですが、日本の番組に中国語の字幕を付けたものなので、日本人なら既に見た方も多いハズ。

コレ、中国人にめっちゃウケてます。この番組のスタッフが素敵すぎます!わざわざ中国語に訳すぐらいなので、中国人もこうゆうネタ好きなんでしょうね。

私ももちろんお腹を抱えて笑いました。

 

今、笑いに飢えている人は是非ご覧ください!!!

字幕を見て、中国語の動物の単語の訓練したい方もどうぞ!?

ちなみにこのくだりすごい好きです。

f:id:KirigirisuMax:20200603124126p:plain

これは・・・!?

日本語の番組の字幕は、へー、こんな言い方するんだ〜!と、結構いい勉強になります。

笑えて勉強になって一石二鳥。

 

ちなみにうちの近所を散歩してたら、この子に出会いましたが、こちらはパンダということで宜しいでしょうか?

f:id:KirigirisuMax:20200603123518j:plain

パンダでやんす。

 

HSKが9級になる・・いったい何級を受ければいいの!?

少し前からツイッター上では数日前からHSKが9級になる話が飛び交っています。

ソースはこちら。

今年は最高級の6級を受けて一発合格で終わるぞと意気込んでいたのに、9級になったら一体次に何級を受ければ良いか、分からんなってしもたやんか〜!おーい北京語言大学はん、どないしれくれまんねんっ!!

取り敢えず、高級しかもう受けたくないので、7級か8級か9級になるのでしょうが、仮に3回も受けるとなると、受験料が3倍かかることになってまう!

きっとHSK関連の書籍を出版している各社も焦っていることでしょう。アスク出版さんは特に最近HSK6級の問題集が出たばかり。ちなみに5級受験の時にアスク出版のトレーニングブック(リスニング編)をやりましたが、公式問題集よりもやや難しめでした。でも私はアスク出版の本が好きです。1日にやる量を決めてくれているので、意志の弱い自分でも取り組みやすいからです。解説も細かく書かれている(問題のパートより分厚い)ので、辞書を引く必要もほとんどなくて楽ちん。たとえHSK6級がなくなっても、私はアスクの6級のリスニングトレーニングブックは買おうと思っているので、アスク出版さん、安心してください!!

それにしても、ホンマ何やねんいったーい。。(興奮すると関西弁に・・・请原谅。。)

ツイッター上ではHSKの上限解放に前向きな方々がいる傍らで、一人後ろ向きな私。(T ^ T)

そうよ、40超えると色々とめんどくさくなるんだよー!

と歳のせいにしてみました。

でもまー、うじうじ文句言ってても始まらないし、とりあえず正式な発表があるまでは粛々と語学に励むことにします。

f:id:KirigirisuMax:20200602160624p:plain

励みます

それに、そもそも全て、コロナが収束しないとテストも開催されないわけだし。

中国語検定のほうは受ける気全然なかったけど、しばらく制度も変わりそうにないし、2級でも取り敢えず受けてみようかな。

心揺れる2020年6月なのでした。

オンライン授業の最大のメリットはココ!

オンラインレッスンで学べることはたくさんあります。先日終わった118時間のレッスンでとったノートは222ページに上りました。どうせならノートも118ページに揃えて終わりたかったですが、ゾロ目も悪くないです。笑

と言っても、授業中に必死でガリガリ書きまくったわけではありません。ノートをとりたいことの8割は先生が板書代わりにテキストで画面に打ち出してくれます。それを自分のPages(又はWordなど)にコピペすればいいだけです。あとは、先生が口頭で言った内容で書き留めておきたいものをちょちょっとメモする程度でノートは完成。とても楽です。

f:id:KirigirisuMax:20200523084614p:plain

Skypeレッスンのキャプチャ

これが教室での授業ともなるとそう簡単にはいきません。教師はパワポやホワイトボードを駆使して攻めてくるからです。でも、私は特に会話の授業の時にペンを持って書くのはあらゆる面で非効率だと考えています。

一つは、せっかくの貴重な会話の時間なのに、無言でペンを走らせる時間が多いと非常にもったいないということ、

もう一つは、会話の授業とはそもそも、耳と口を動かしてなんぼです。口をついてネイティブのように言葉が出てくる訓練の最中に筆を持っていては、その訓練の邪魔になります。中国語の作文で先生に直されることは少ないのに発話は苦手という人は日本人には多いのではないでしょうか。それは頭で十分に考える時間があるからです。でも同じことをとっさに今言えと言われた途端に「战争 zhan4zheng1」を「争战 zheng1zhan4」と言い間違えたり、「口味 kou3wei4」と「胃口 wei4kou3」を間違えてしまったりするのです(私だけ!?)。初歩的で恥ずかしいですがそれが現実です。自分が言い間違いが多いのがわかっているので、オンライン授業では途中から自主的に先生に、間違えたら逆立ちします!と言って冗談で「逆立ち3回」を自分で宿題に入れていました(文字が逆になったので逆立ちして戻しているつもりです)。でも、今、実際に逆立ちをしようとしたら、死んじゃいます。てゆうか、言葉が直るどころか、言葉自体を発せられなくなりそう。

留学先でも日本人は発話が苦手と聞くので、私のような人は多いのではないかと推測します。なので、会話の授業中は会話脳になるために、なるたけペンを持たず、自分の脳だけに頼る訓練をする必要があると感じています。できれば漢字を一切見ないのがベストです。先生がホワイトボードなんかに書いちゃうんですけどね。

そのため、私は以前受けていた対面の韓国語の授業の時も、授業中にノートは一切とりませんでした。その代わり、先生に許可を得て、授業の最後にホワイトボードの写メを撮っていました。先生が途中で消す時もあります。そんな時は、一言断ってからパチリと写メさせてもらい、消してもらっていました。復習するときはそれを自宅に帰った翌日にでも見ながらゆっくりできます。時間を空けて2回勉強するのと同じになるので、ノートを1回とっただけで満足して終わるよりも効果的です。

しかも、こうすることで授業時間はフルフル口頭練習に充てることができました。

オンラインレッスンの場合は、断って写メする必要もなく、先生がどんどん文字を流してくれます。それをコピペしようがそのまま使って復習しようがそれは個人の勝手ですが、とにかく便利なことに途中で気付きました。

これがオンライン授業の最大のメリットかもしれませぬ。

告辞~(古代風)。