晴れ女のわがままジャーニー(人生も旅も)

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

中国ドラマは役者本人の声ではなくほぼ吹き替えの衝撃:魏无羡は肖战(シャオジャン)の声ではなかった

私は中国時代劇が大好きで、ほぼ毎日1話は見ています。

中国の時代劇はあらゆる全ての素晴らしい要素が詰まっています。

その特徴を挙げると(時代劇に限ったことではないですが・・・)

  • イケメン大渋滞
  • セットが壮大で本物感がすごい
  • 中国三千年の歴史のあらゆる時代のドラマがある
  • OSTが美しい

などなど。

でも、もう一つ衝撃的な特徴があります。

この記事のタイトル通り、

  • セリフが役者本人の声ではなくほぼ他人の吹き替え

なんです!!!!

これ、衝撃じゃありませんか?

少なくとも日本やオーストラリアではこんなの聞いたことがありません。

ドラマや映画でアフレコはすると思いますが、ポイントは演じた俳優さんとは全く別人がアテレコしてるということです。

アニメや日本でいう洋画の吹き替え版と同じです。

 

実は、私はこのことをつい最近まで知りませんでした。

厳密に言うと、吹き替えなのは知っていましたが、演者さん本人が声をあてている(配音している)と思っていたのです。

自分の常識からして、全く赤の他人がやるということには思いも及びませんでした

だって、本人がそこにいるのに。

一度、韓国のイケメン俳優チ・チャンウクさんが中国ドラマに出演したのをちらっとみたことがありましたが、その時も中国語のパーフェクトな吹き替えがあり、当時は彼がノンネイティブだからそうしているものだと思っていました。

《陳情令》の魏无羡肖战(シャオジャン)本人の声ではない

そして、なんとあの大ヒットドラマ陳情令のキャストの吹き替えも、ほぼ役者とは違うことが判明!!!

例えば、肖战(シャオジャン)が演じた魏无羡の吹き替えの声は路知行さんという方です。

ドラマを見た時、本人と信じて疑わなかったあの素晴らしいセリフ回しは全て、

路知行

さんだったのです。。。

だれじゃいそりゃぁー!!

それはこのお方

路知行_百度百科

顔見たら・・・違う〜〜〜〜!

でも、声は超イケメン。好きー!

路知行さんのお声は魏无羡そのものでした。

でも、ちょっと待って!?

私が好きな

魏无羡

のキャラクターは声も含めてのことでした。

この声が別人となると、かなり残念。

もちろん肖战本人の声も素晴らしく、歌声はもう形容しがたいくらいですが、俳優さんにしろ、一般の人にしろ、私は顔より声が魅力的な人を好む傾向にあるので(肖战好きと言っている時点で説得力ゼロかもですが本当です)、中国ドラマもこの観点から「あの俳優さんいいな〜」「女優さん素敵だな〜」という自分の好みが、この吹き替えの衝撃の事実を知った瞬間にガタガタと崩れ落ちてしまいました。

実際過去の記事でも書いています。

kirigirisumax.hatenablog.comドラマを見たときは、まだ肖战本人の声だと思っていたんです。。。

だからこそ

このドラマは吹き替えではなく絶対に字幕で見てください!!!

と書いたのですが、それが本人じゃなかったなんて。。。

いや、でもやっぱ路知行さんの声も聞いてもらいたい!

でも最初から百度などで中国語でちゃんと記事を読んでいたら、分かることではありました。

キャストのところに吹き替えが誰だか全部ご丁寧に記されているではありませんか!

こんな感じ・・

f:id:KirigirisuMax:20220124094333p:plain

出典:https://baike.baidu.com/item/%E9%99%88%E6%83%85%E4%BB%A4/22426934

役者名の下の「配音」が吹き替えキャストのことです。

吹き替えが全くの別人になる理由は、いろいろあるようですが、一つ中国ならではと思ったのは、中国は地方によって訛りが激しいため、同じ中国人同士でも発音などがかなり違っていて、それを標準語にするためというのがあるようです。

あまり訛りが激しいと同じ中国人でも理解できないことがあるほか、ドラマの舞台がある一定の場所に設定されている場合は、その場所の言葉や発音ではない俳優がミックスされているとストーリーと矛盾しておかしくなってしまうみたいです。

確かにそれはそうかもですが、素人の自分などは、そうした方言を覚えて話したりするのも役者の演技の一つなのでは?と思ったりします。

確かに、ある地方の方言を一生懸命話している俳優さんをみて「このイントネーション間違っている」と思ってしまうものも多いのですが。。。

でも、私は声色も含めて演技と考えていたため、中国の俳優さんの好き嫌いも私は結構声で判断してしまったことが多く、

例えば、外星女生柴小七》という現代ドラマ。

このドラマのヒロインと相手役の男性の声が大好きで、特に方冷役の徐志贤さんは、お面は好みではなかったのですが、声がものすごく良くて・・・

baike.baidu.com

本当に声がめちゃくちゃ良かったので、徐志贤さんの他のドラマも観たい!と思ったのですが、調べてみると、この声は

边江

さんでした。

またあんたかーい!

そう、彼は陳情令で王一博くん演じる蓝忘机役の吹き替えを担当した方だったのでした。。。

もうここまでくれば何がなんだかわからんぞ!

逆に、以前《奈何BOSS又如何》というドラマを見て、

严景致役の赵志伟さんについても、

baike.baidu.com

せっかくイケメンなのに声が残念!!と思ったことがありました。

でも今思うと吹き替えの方の声だったんだ・・・。

本人じゃなかったんだ!!

ということで、もう訳がわかりません!!!

でも一つ朗報!?もあります!

《慶余年》范闲役は演者の张若昀さん本人の声

それは、以前紹介した《慶余年》范闲役は演者の张若昀さん本人がアテレコもやったということがネットで調べてわかりました。

こちらの記事に書かれていました!

庆余年配音演员表 张若昀肖战郭麒麟配音是谁 _庆余年配音表涅槃 - 调色盘网络

f:id:KirigirisuMax:20220124122347p:plain

出典:庆余年配音演员表 张若昀肖战郭麒麟配音是谁 _庆余年配音表涅槃 - 调色盘网络

この記事によると、

范闲を演じた张若昀さんは、中国でも一二を争う有数の良い声の持ち主だそうで、出演した多くのドラマで自分の声で吹き替えをしているとのこと。慶余年でも同様に自分の声でやっているらしい!

ほっ!!なんかよかった〜〜〜!!!

彼の演技はとても素晴らしかったので、声が違ってたらヤダ〜と思っていましたが、声もご本人でした!!!

うれしい〜〜〜!!

でも待てよ、张若昀さんは声がいいからって・・・逆に自分の声じゃない俳優さんは声やしゃべり方に難ありって言われているようなもんじゃないのか?

でも、中国語の標準語って日本の標準語よりはるかに難しそうですね。

慶余年では、このほかシャオジャンも本人の声だったらしいっす。

ただ、この記事は主演陣はけっこうみんな自分の声だと書いていますが、シャオジャンは別の記事ではほかの人の吹き替えではないかと書かれていたり・・・なんかいろいろでした。

f:id:KirigirisuMax:20220125135747p:plain

出典:庆余年配音演员表 张若昀肖战郭麒麟配音是谁 _庆余年肖战配音 - 调色盘网络

シャオジャン好きなら声くらい覚えとけよ言われそうですが、本人と信じて疑わなかったので劇中でどんな声だったか実はあまり覚えておらず、ネット調べです。笑

彼の歌声はすぐにわかるのですが、話している声は役柄によっても変わるので・・・むにょむにょ。。。苦しい言い訳。

ただ、このことを知ってしまった以上、

ほかのドラマも、ドラマを見るたびにこれは誰の声だ!!と調べる作業が面倒くさいですが、こうゆう習わしのようなのでしょうがないですね。

この話題はなかなか奥が深そうなので、

また、いろいろドラマの俳優さんについて吹き替えが本人だったか他人だったかいろいろ調べて書こうと思います。

再见!

PVアクセスランキング にほんブログ村

語学をしてるとたまに忘れるけど自分は頭が良くない、でも語学は習得できるはず(1)

自分で言うのも不愉快ですが、私は頭が良くないです。

「悪い」とは書きません。

なぜならスーパーネガティブな気がするから。

 

例を挙げると、私は微分積分が分かりません。

微分を理解していなかったため、大人になって困ったことがありました。

 

私の翻訳の専門分野は金融とIT分野です。

金融分野にずっといると絶対にお目にかかる恐ろしい内容があります。

それは・・・数学です。

ですが、私は数学が苦手で、難しいことを考えると脳みそが破裂しそうになります。

ブラックショールズモデルやらポールクルーグマンやら、とにかく数学がやたらと出てくる世界。

一時期はあまりにわからなさすぎて、微分積分を最初からやり直そうと一念発起してアホでも分かりそうな微分の本を買いました。

 

でも、びっくりするほど理解ができなかったのです。

 

あまりにも不本意。。。

 

自分は決してスーパードゥーパーなバカではない(あ、バカと言ってしまった!)と思う・・・でも微分は永遠に分からない頭の持ち主である、、、なんと悲しい。

敗北感がありました。

 

そこで、もう微分積分固執することはやめました。

実は理論自体の中身を知らなくても結果がどう使われているかを理解できれば訳せるものはたくさんあるため、頭が悪いのなら(あ、また・・)無理せずにテクニックを駆使したアプローチで勝負していこうと思ったからです。

実際、なんとかやれています。

 

なぜこんなことを書いているかというと、

語学好きの自分が中国語などの他の言語を勉強していると、たまにそれを忘れてしまうことがあるからです。

自分の頭脳がそこそこでしかないことを。

 

私の中のおつむが良いとは、すなわち複雑なことでも自分なりに理解し、綺麗に整理して脳みそにしまい、それを必要なときに引き出せる能力です。

それは文章読解力であったり、数学の理論の理解力であったりするわけですが、そうした能力の高い人が、すなわち頭が良い人達であり、そうした人達は試験を得意とします。

それは語学試験にも当てはまるわけで、TOEICHSKなどの試験で短期間の勉強だけで高得点を叩き出したりするわけです。

 

何が言いたいかというと、自分にはそれが無理だということと、

それをたまに忘れてしまうということです。

 

そして、英語も日本語も中途半端な自分が中国語も学んでいると、そこでぶち当たる壁もあるのです。

 

分かりにくいことをくどくど書きおって・・・なんじゃお前〜!

とぶち切れずにまあもう少しだけ我慢して読んでください。

 

私は去年後半、HSKで6級を取得するために一生懸命しました。

結果、6級には合格しました。

 

でも、自分が思っていたほど点が取れなかったのです。

それで、合格にもかかわらずしばし落ち込んでいたのですが、背景にはあんなに勉強したのに・・・というのがありました。

 

でも、その考えが間違っていたことを思い出したので、それを書き留めておきたいのです。

f:id:KirigirisuMax:20220123152621j:plain

勉強して点が取れるのは、頭が良いか、そいうゆうことに長けている人々であって、そうゆう人達が1年でHSK5級、6級取りました〜!と自慢しているのをみて、自分と比べて悲観する必要など全くなく、それと同じ勉強法を真似しようとすることは愚策であるということです。

 

そうゆう成功本に群がる人たちの中で、本と同じ方法で成功する人は、恐らく、その本の通りにやらずとも、短期間で物事を習得できる高い頭脳の持ち主であり、

逆に、その本に群がっている人の大半が出版社にとっていい鴨なのではないかと推測します。

口は悪いですが・・。

 

むしろ、そういう人たちと同じ方法で勉強してもだめで、自分には自分に合った、すなわち、凡人には凡人に合った言語習得の方法があるのだと思います。

どんなに頭が悪くても、誰もが母国語を話せるようになるわけですから。

 

私が英語コーチングをしているときにもいつも心がけているのは、

学習が100人いれば100通りのやり方があるはずで、個人の特性を1日でも早く理解してトレーニングに取り入れるということです。

 

もっと単刀直入にいってしまえば、

頭が良くない人でも語学を習得できる方法は必ずあり、それを実践すべきだと思っています!

 

なので、私は私のやり方で語学をマスターしていこうと思います。

必殺技など要りません・・・。

 

戯言かもしれませんが。

 

次回は、今後自分が語学に取り入れようとしているIT開発手法について書きます。

次の記事(2)へつづく。

PVアクセスランキング にほんブログ村