晴れ女のわがままジャーニー(人生も旅も)

自由人です。やりたいことをやります。まず、やってみる。

海外

来週、2年半ぶりに国際線に乗る!

こんちわです。 私にしては珍しく、つぶやき風の投稿をしてみまっす。 この夏は変化の夏でした。 人生何があるか分からないもので、ここに来て、「青天の霹靂」という言葉を自分自身に使ったこの夏。 そんなこんなの諸事情もあり 2週間後に急遽渡米すること…

地球一周の旅の通訳だったときの話(14)タダで世界一周が出来るクルーズ船のボランティア通訳になる方法

いきなりですが、今日は番外編をお送りします。 語学好きには海外旅行好きが多いとの勝手な自分の推測から、通訳という仕事をやってみたいと思う人も多いのでは?と思ったのでこの記事を書きます。 語学修行としてクルーズ船でのボランティア通訳をお勧めす…

地球一周の旅の通訳だったときの話(13)モロッコのリゾートで日本語を学ぶ学生と交流

お久しぶりすぎです。 この地球一周の旅で訪れた寄港地はたくさんありますが、この中で一番印象に残った寄港地の一つがモロッコです。 カサブランカからラバトまでしか滞在できませんでしたが 次回行く機会があれば是非マラケッシュにも行ってみたいなと思い…

どうなる2022年の海外旅行事情!?今年こそ三重苦を克服して海外へ!

旅行好きにとってコロナ禍は天敵のようなもの。 それでもやっと希望の光が見えてきました。 ちょっとワクワクしますね。 コロナで克服しなければならないハードルは主に3つあると思います。 コロナ禍の海外旅行の三重苦とは? 2022年は久々に海外旅行のチャ…

地球一周の旅の通訳だったときの話(12)ウクライナのトロエスコエ村で村人と交流【後編】Praying for Ukraine

ウクライナの後編は私がこのクルーズでアテンドしたツアーの中でも1番思い出深くて、でも、最も自分にとっては過酷で、それでいて楽しかった1日日帰り交流ツアーについて書きます。 You-Know-Whoのせいで全世界が大迷惑して非常に悲痛な暗い気持ちになってし…

地球一周の旅の通訳だったときの話(11)ウクライナにも確かにあったカラフルな日常【前編】Praying for Ukraine

前回のラスパルマスの記事を書いたときは、次はクルーズの順番通りにモロッコのことを書こうと思っていました。 でも、ウクライナの惨状を毎晩ニュースで目の当たりにする中、ウクライナに少しでも多くの人々に関心を寄せてもらいたくて、今、順番飛ばしでウ…

地球一周の旅の通訳だったときの話(10)ラスパルマスの芸達者なオウムくんがめちゃくちゃ可愛かった話

ラスパルマスをご存知ですか? ラスパルマスは大西洋に浮かぶカナリア諸島にあり、スペイン領です。 日本人にはあまり馴染みのない場所かもしれませんが、スペイン人をはじめとする欧州からの旅行者がたくさん訪れる場所で、最近では火山の噴火がニュースに…

オーストラリアが2年ぶりに国境を開放!ワクチン接種済みなら旅行者も可能

北京五輪が華々しく閉幕した翌日、 南半球最大の国は再会を喜ぶ人々で溢れかえっていました。 コロナのパンデミック下で厳重な鎖国体制にあった豪州が国境を再び開いたからです。 オーストラリアに入国できる人とは ワクチン接種完了者とは 検疫期間はどうな…

2022年には海外旅行に行きたい!!もうそろそろ行けそうな国(#1イギリス)

パブで食べたフィッシュアンドチップス(前回渡英時に撮影) 2022年2月11日以降イングランドへの入国は隔離なしに(条件あり)!! 海外旅行に行くためにワクチン接種証明書を必ず取得しておこう イギリスではオミクロン株がピークアウト 2022年か23年に英国…

地球一周の旅の通訳だったときの話(9)セネガルでふて寝するサイ君と記念撮影

お久しぶりの旅行記です。 前回の第(8)話からずいぶんと時間が経ってしまいました。 キューバを離れたクルーズ船は、大西洋の大海原を東へと進み、アフリカ大陸はセネガルのダカールに着きました。 地図を貼りましたが、なぜかハバナからダカールまでの矢…

オンライン海外旅行でフィンランドのクリスマスを覗いてみた

先日ご紹介したLOCOTABIの「オンライン旅行EXPO 2021秋」でいろいろ参加したのですが、とても素敵なツアーがあったので、ここで紹介したいと思います。 参加したのはLOCOTABIの フィンランド湖水地方で過ごすホワイトクリスマスツアー この3日間でいくつか参…

地球一周の旅の通訳だったときの話(8)故フィデル・カストロ氏の登壇

11月25日は元キューバ共和国国家評議会議長のフィデル・カストロ氏の命日です。 チェ・ゲバラらと共に1959年のキューバ革命の先頭に立ち、ゲリラ戦で当時の独裁政権を打倒し、キューバを今の社会主義国に変えた人物です。 革命のイメージが強いため、バリバ…

地球一周の旅の通訳だったときの話(7)超フォトジェニック天国キューバの首都「ハバナ」の街歩き

船はカリブ海を進み、 ジャマイカのお隣の国キューバに着きました。 距離的にはもうこの時点で地球の3分の1週くらいした感じですが、太平洋があまりにも大きかったので、横浜を出発してまだ5カ国目です。 ハバナでは午後から故カストロ元議長主催のフォーラ…

地球一周の旅の通訳だったときの話(6)ジャマイカのラム工場でほぼ皆酔っ払う

パナマの次に訪れたのはジャマイカです。 ジャマイカといえば、陸上短距離のウサイン・ボルト選手が有名ですよね。 あとはジャークチキンなどのグルメですかね。 ラム酒工場見学ツアーのアテンド ジャマイカではラム酒工場見学ツアーにアテンドしました。 大…

地球一周の旅の通訳だったときの話(5)階段のようなパナマ運河を航行

ペルーを後にした船は、パナマに着きました。 パナマってパナマ運河以外になんかあるの? って感じですが、ジャングルや野生動物などたくさん魅力があるようです。 でも、パナマでは旧市街のツアーのアテンドをしていたため、パナマの大自然を堪能することは…

11月は3日間オンラインで旅をしまくろう!【完全無料!オンライン旅行EXPO2021秋】

11月はオンラインで旅をしよう! なぜなら、無料で3日間オンラインを旅し放題だからです。 LOCOTABIというサイトをご存知ですか? こちらは元々海外現地に住んでいる日本人などが提供している通訳翻訳サービスや現地ガイドなどのサービスのマッチングサイト…

上海ひとり旅[9]【ニーハオ!ここがリアルの中国アルよ!上海の街歩きいろいろ】

地球一周の旅シリーズを書き始めておいてなんですが、実は上海シリーズもまだ終わっていません。書き始めたのに、突如興味を失ってしまうことが少なくないので、自然消滅しかけましたが、思い直して、今回で強引に完結したいと思います。 地球一周の旅シリー…

地球一周の旅の通訳だったときの話(4)記憶喪失のペルー3日間と船のお医者さん事情

ぺルー滞在の2泊3日は英語通訳はフリー 船で病気になったら 持病がある人は船に乗れないの? 船に乗るにはインフルエンザの予防注射が必須 ペルー謎の3日間 ペルーの食事は日本人の口に合う 船はタヒチを後にし、ペルーに着きました。 タヒチのパペーテから…

地球一周の旅の通訳だったときの話(3)太平洋の楽園「タヒチ」の海でエイやサメと戯れる

タヒチに咲いていたお花 太平洋の楽園「タヒチ」の場所 海の透明度がプール 仕事でも海へダイブ モーレア島の絶景ランチ フルムーンも必ずタヒチに! 船で2週間かけてやっと辿り着いたタヒチですが、小さな国のため、それってどこじゃーい!と思われている…

地球一周の旅の通訳だったときの話(2)人生2度目のタヒチ上陸

船旅の1週目は船酔いとの戦い 酔い止め薬を飲まずに船酔いを防ぐ方法 ひたすら海、海、海・・・でも海は美しく、雄大 赤道を越えて2週間ぶりの陸地へ 船室の部屋割りはマッチングアプリのように鮮やか 船旅の1週目は船酔いとの戦い 横浜を出港した船は太…

地球一周の旅の通訳だったときの話(1)東回りルートの罠

かなり昔になりますが、 地球一周の旅「ピースボート」で通訳をしていたことがあります。 ピースボートには普段出会えない面白い人たちが集まっている 地球一周のルート 東回りルートの落とし穴 船での生活と楽しみ 終電がない幸せ〜船の夜は人狼で仲間と夜…

映画「テルマエ・ロマエ2」で気づいた脳の混乱と老化

先日、ヤマザキマリさん原作、阿部寛さん主演の「テルマエ・ロマエ2」を地上波でやっていたので、夫と一緒に観ました。 「テルマエ・ロマエ1」については夫と前に観た記憶が"はっきり"とあり、続きだから見よう!ということになったのですが、見始めて早々…

The Very Best of イタリアひとり旅【総集編】

こんにちは。 あれ、このタイトルどっかで見たことあるような・・そうです。 前回の記事とつながっています。 実は、前回の記事は元々このイタリア総集編のタイトルを先に決めて書いたのですが、皆さんにピンと来ないと嫌なので、ちょっと説明を書こうとした…

上海ひとり旅[8]【日程がタイトな方にオススメ!地下鉄で行ける水郷古镇「七宝老街(チーバオラオジエ)」】

旅に出たいですね。 海外旅行に行きたいです。 今日もそんな想いを押し殺しながら書いています。 今回は上海から気軽に行ける素敵な水郷「七宝老街(チーバオラオジエ)」を紹介したいと思います。 「七宝老街(チーバオラオジエ)」へのアクセス 「七宝老街…

上海ひとり旅[7]【中国の弟との再会&ショッピング】

突然ですが、私は中国にかわいい弟がいます。 と言っても血は繋がっていません。 昔まだ中国語がチンプンカンプンだった頃にボランティアで中国に英語を教えに行き、出会った当時大学生だった子です。 今はもう結婚して子供が生まれ、立派な大人になっていま…

上海ひとり旅[6]【美しく整備された復興公園をお散歩】

雨すごいですね。 ここ数日東京は気温が20度前後と涼しくて過ごしやすいですが、大雨は嫌です。 意外かもしれませんが、中国には公園が沢山あります。 公園散歩はひとり旅の定番。 ちょっと時間が空いた時や、今日は頑張りたくないという日の選択肢に最適で…

上海ひとり旅[5]【有名な観光名所「豫園」と絶品汤圆(黒ごま味!)】

久しぶりの上海ひとり旅です。 もう忘れ去られているかもですが、このシリーズまだ終わっていませんから。笑 さて、この日は中国人の友達と現地で待ち合わせして、上海の有名な観光地「豫園(よえん)」に行ってきました。 上海の観光名所「豫園」とは 中国…

シャオジャン(肖战)を生んだ中国のアイドルオーディション番組《燃烧吧少年》を観たら面白かったのでちょっと解説

先日書いた『陳情令』に関する記事は、意外にも多くの人が検索で見に来て下さいました。嬉しい限りです。 前回の記事で、このドラマの主人公を演じたシャオジャン(肖战)について書きましたが、今回は、シャオジャンに興味を持った方のために、また、シャオ…

上海ひとり旅[4]【外難(バンド)と浦東(プートン)で夜景を楽しむ】

上海ひとり旅シリーズの前回[2]では、ひとり旅の夜は寂しいぞと書きましたが、この日は違いました。 漢院の違うクラスに来ていた女の子1人をランチタイムにナンパして、一緒に夜の外難(バンド)と浦東(プートン)に遊びに行ったんです。 中国あるあるだと…

上海ひとり旅 [3]【映え雑貨とお土産探しに最適な「田子坊」をぶらぶらしてみた】

夏の匂いと蝉の声。 もう夏ですね! 海外旅行はまだ行けないけど、今日も振り返ります。 私が上海で泊まったホテル周辺は小綺麗でオシャレなお店が多いエリアでしたが、有名な観光地でオシャレスポットでもある「田子坊」にも歩いて行ける場所で、とても便利…